以前の記録から、「かぶ」がどんどん大きくなっています。

写真では、わかりにくいのですが、

目に見えて大きくなるのが分かります。

以前は親指ほどでしたが、今はもっと膨らんでいます。

間引きの成果と、肥料の栄養をぐんぐん吸い込んで

くれているおかげと思っています。

この様子だと、年内には収穫できるのでは?

と「かぶ」のみならず、期待も膨む出来事でした。

 

 

朝晩の冷え込みを、日々強く感じる頃となりました。

今日は、朝から晴天で、和みの紅葉に、

キラキラと朝露が輝いていました。

「目が覚めたら、大好きな朝露を一口」と、

ある絵本で読んだ事がありますが、

その気持ちに共感出来た、朝の風景でした。

 

 

 

11月に入り、年末が少しづつ顔をのぞかせている気がします。

それだけ、時間が経っていると言う事だと感じます。

それは、和みの「かぶ」も同じです。

定期的に、肥料を撒き、虫を取り除いていると、

嬉しい「成長」がありました。

ついに根が膨らみ始め、大きな物では、親指の先位になってきています。

小さな種が、ここまで大きくなり、嬉しいです。

 

 

本日は、4回目の「かぶ」の間引きを行いました。

間引く芽も何となくわかるようになってきた、この頃です。

今回間引居ている際に、葉の虫食いが目立つようになってきましたので、

以前から用意していた、防虫ネットを設置しました。

また、「根」がかぶの形になっておらず、肥が足りないのでは?

と言う事で、同時に液体肥料も撒きました。

以前から、気になっている「茎の形」。

今回の「虫」「肥」。

種まいて、収穫の一筋縄では、行かないなと、改めて実感しました。

 

 

 

本日は、3回目の「かぶ」の間引きを行いました。

間引いてもすぐに成長し、

間引く前と同じくらいに緑で溢れていました。

前回お話があった「茎」の成長ですが、様子は変わらず。

なるべく、成長の良さそうな物を残しつつ、

本日も、間引を行いました。

 

本日は、和みの畑で採れた、「秋の収穫~サツマイモ~」を行いました。

収穫前は、サツマイモが大きくなっているのか、不安でしたが、

掘り起こしてみると、意外と大きく育ち、

本数もあったので驚きました。

サツマイモは、食べる時はもちろん、

掘るときの楽しみもあるので、秋空の下いい時を過ごす事が出来ました。

 

本日は、2回目の「かぶ」の間引きを行いました。

成長の速さには、驚かされ、出勤のたびに様子を見ますが、

1日あれば、昨日と違う顔を見せてくれます。

間引き中に、ご利用者様から「茎」の成長の仕方が

「気になる」とお話がありました。

今後どのように成長してくるのか、見守っていこうと思います。

 

前回捲いた「かぶ」の種から続々と芽が出てきました。

種から、芽が出て大きくなる姿を見ていると、

とても可愛いです。

本日は、間引きをした方がいいとアドバイスがありましたので、

間引きを行いました。

葉が重なっているものは、茎が曲がっているものと、将来立派になりそうなものと、

ただ間引くだけではなく、見極めていく事が大切と学びました。

これで、さらに成長してくれる事を期待したいと思います。

 

本日プランターに「かぶ」の種を植えました。

以前、「ビタミン菜」と言う葉物の野菜を栽培したので、

今回は、実のなる野菜を育ててみたいという事で、

かぶに挑戦していきます。

畑仕事が得意な方に、種まきはお願いしました。

種が青い事を気にしていると、薬が施してあるからと教えていただきました。

今後の成長が楽しみです。

 

本日は、敬老の日と言う事で、和みの郷では、

「長寿を祝う会」を開催しました。

スタッフの、長寿を祝う挨拶から始まり、

「もみじ、野菊、旅愁、童謡メドレー、浜千鳥、海、

 きなんせ節、二輪草、ふるさと、星影のワルツ」

と、一度は聞いたことのある曲を、オカリナ演奏で楽しみました。

歌声と、演奏が混ざりあい、素敵な時間が送れました。

メリーブースの皆さん、ありがとうございました。

 

3 / 1012345...10...最後 »