8月は、例年の如く暑い日が多く感じました。

暑い日と寒い日が恋しくなり、

寒いとその逆に、、

月末になると、梅雨のような雨の日がやってきて。

色々な表情を見せてくれた、そんな月でした。

そんな8月の和みの郷の様子を一部ですが、

紹介していきたいと思います。

 

題名「ヒマワリ畑で」

今月お花紙で作成した作品の一つです。

犬の細かな模様まで表現出来ているのがポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒマワリの種が収穫出来ました。

夏を彩ったヒマワリから種の収穫が出来ました。

来年は、一面のヒマワリ畑が出来るのでは?

と、淡い期待を抱き、生命力を感じる出来事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和紙の秋桜とアンデルセン手芸で作成した花瓶。

季節先取りですが、和紙を使用し、秋桜を作成しています。

見にくいのですが、花が飾ってある花瓶も、

アンデルセン手芸と言う手法で、手作りしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月になると、秋風と共に

心地よい涼しさを感じれるのか、気になりますね。